講座・イベントのご案内

オンライン講座「日本のDV・性暴力対策が変わる? 現在の課題と、法改正への動き」

新型コロナ感染症対策下での景気が悪化、外出自粛などの影響で、DVや児童虐待の悪化が懸念されています。10万円の特別給付金のことでも、この問題に関心が向けられました。国連も「影のパンデミック」としての警鐘を鳴らし、各国も対策を取っています。しかし、コロナの影響がなくても、もともと日本ではDVは深刻な問題であり、また、国際基準からみて、DVや性暴力など「女性に対する暴力」への日本の対策は不十分なものだと指摘されているのです。しかし最近、DVや性暴力などに関して、政府がとうとう対策の推進・法改正や新法制定などを打ち出し、新しい動きがいくつも始まっています。

そこで、今回は 1.DVや性暴力の対策は、どうあるべきか。日本の現在の対策の何が問題か。 2.現在、検討されている新しい対策の動きとは

DV:(1)DV法の改正にむけた動き (2)現在の婦人相談所・DVセンターや相談員などについての新しい法律を作る動き

性暴力: 刑法 性犯罪規程改正をめぐる動き その他 性暴力対策を進める動き

などについてお話しし、できるだけ良い対策が作られるよう、皆さんに関心をもっていただきたいと思います。

※今回は、「DVとは」というような基礎的な情報についてはお話しません。


  • [日時]2020年9月27日(日)14:00~16:00
  • [講師]広島大学ハラスメント相談室 准教授 北仲千里さん
    NPO法人全国女性シェルターネット共同代表/NPO法人性暴力被害者サポートひろしま代表理事


対象
DV・性暴力などの問題の対策・政策に関心のある方
定員
(1)会場での視聴20人(2)自宅等での視聴20人
※(1)(2)とも要申込・先着順(2)は定員に達していなくても9/20に締め切ります。
⇒ (2)の締切を9/22まで延長しました。
託児
(1)3人(6ヵ月~未就学児、1週間前まで要申込)
参加費
無料 ※(2)の通信費は受講者負担です。
会場
(1)ゆいぽーと5階研修室
注意事項
●講師はオンラインで講演します。会場には来場いたしません。●今回講師と受講者、双方向でのやりとりはありません。●その時間のライブ配信のみです。再配信はありません。●録画・録音は禁止いたします。●受講者側の機器のトラブル等で視聴できない場合、当センターは責任を負いません。●(1)の方は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため留意していただくことがございます。トップページ でご確認ください。
申込方法
(1)電話、ファックス、電子メール等でお名前・連絡先・託児の希望をお知らせください。匿名での参加も可能です。
(2)下記リンクからお申し込みください。受講者には後日詳細をお知らせします。3日前までに連絡のない場合はお問い合わせください。

(2)の自宅等で視聴したい方のお申し込みはこちらから

●申し込みの際等にいただいた個人情報はゆいぽーとの事業以外には使用いたしません。
その他
DVや性暴力等、講座に関する質問を受け付けています。下記リンクからご質問ください。講座内でできる限り回答いたします。9月20日(日)締切
⇒ 質問期限を9月22日(火)まで延長しました。

質問はこちらから
お問い合わせ
TEL:082-248-3320 FAX:082-248-4476 E-MAIL:info-y@yui-port.city.hiroshima.jp